言葉の使い方ひとつで前向きにかわるんですね!

娘が社会見学でお弁当がいる日。

たまごやきを自分で作ってもらいました。

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

娘の言葉の使い方に考えさせられました。

娘(小3)はときどき

朝ごはんにたまご焼きを

作っていました。

 

最近は私がそばについていなくても

自分で作るように。

 

母「じゃあ、たまごやきがんばってね」

娘「はーい!」

できあがったたまごやきを

お弁当用に詰めた娘。

あまったたまごやきを

私たちに食べてねーと

分けてくれました。

 

 

私がさっそくたまごやきを

食べようと箸にとると

「ん??」

 

たまごやきの裏が

焦げていました。。

 

ついうっかり

「あ、こげてる…」

と言ってしまった私。。

 

しかも娘のいる前で…(*´Д`)

 

 

すると娘は

「お母さん、これは焼き目がついているんだよ♪」

とにっこり(^^♪

 

確かに言われてみれば

焦げくさい味はしなかったんです。

ただ…焼きすぎ(おっと!)

焼き目がついたんですね。

 

 

 

言葉の使い方ひとつで変わる!

私が発した

『焦げてる…』の言葉に対して

娘の

『焼き目がついている』

 

 

言葉の使い方ひとつで

受け取る印象が

前向きにかわった場面でした。

 

「おいしかったよ!ありがとう♪」

と声かけると

娘はうれしそうに笑っていました。

 

天気の良い日になりました。

社会見学楽しめているかな?

 

 

スポンサーリンク


この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ