『めんどくさい』と言ってませんか?言葉も片づける暮らし

2017年はもう5か月経っていますが…

私は1年の抱負のひとつにしていることがあります。

それは…

『めんどくさいと言わないこと』

<スポンサーリンク>


 

自分の口癖は周りの人にも嫌な気持ちを与える。

『めんどくさい』という言葉を言わないように

毎年1年の抱負にしているには

それまで自分自身がほぼ毎日この言葉を使っていたからです(/ω\)

 

「あー疲れた、めんどくさい」

なんてね(汗)

 

この『めんどくさい』という言葉…

自分は無意識に出しているんだと思うのですが

言った方も、聞いている周りにも

いやーな空気になると思いませんか?

 

無自覚な口癖となって頻繁に発せられているとしたら、知らないうちに周りは敵だらけになっていく……。いいえ、正確に言えば、無自覚な言葉でもって、自らが人とのつながりを経ち、周囲に「敵」を増やしている。

<やましたひでこさんの本より>

 

いつのまにか周りに敵?!

 

それは嫌ですよね。

 

「めんどくさい」と感じてしまうのは

面倒なことの数や度合いが半端じゃないから。

それまでがんばってきてこれ以上はもう無理

というサインだとしたら…。

 

もしそうなら

手を休めて一息ついてほしい

 

 

私が気を付けているのは、

「めんどくさい」と感じたとしても言葉には出さない。

そしてお茶を飲んで一息ついてみたり、

楽しいことを考えるように意識しています。

 

これは自分の意識次第で変われます。

私も「めんどくさい」とほぼ言わなくなりましたから(笑)

 

 

言葉には力がある。

わが家では子どもたちに常に言っていることがあります。

それは、

「言葉には言霊といって魂があるんだよ。」

って。

 

「言葉には力があるから気をつけて言葉を使わないと

自分の運を下げることにもなるんだよ。」と。

 

子どもたちは暇なとき、遊ぶことがなくなった時に

「つまらない!」

という言葉を口にします。

 

これも気をつけたい言葉。

 

「つまらなければ自分から楽しい遊びを探してごらん」

と言うのですが、

「えー!ないもん!!」って返ってくることも(汗)

 

やましたひでこさんは

「つまらない」は運を捨てる言葉だと。

 

子どもたちがこの言葉を出している背景に

周りの影響があるのだとしたら…

私たち親も気をつけて話さなくてはなりません(反省)

 

使っている言葉次第で運が変わるとしたら…

運を上げるのも下げるのも

自分の言葉次第なのかなって思います。

 

 

やましたひでこさんは

私が片づけたい言葉として

「めんどくさい」

「つまらない」

「しょうがない」

を挙げられています。

 

【アマゾン】
「めんどくさい」をやめました。――さあ、言葉も片づけてみようか!

【楽天市場】
「めんどくさい」をやめました。 さあ、言葉も片づけてみようか! [ やましたひでこ ]

 

 

この本の中では気を付けたい言葉の他に

心が和む言葉も書かれています。

 

さあ、あなたも言葉も片づけてみませんか?

 

<スポンサーリンク>


この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ