食費が上がっていませんか?

そんなにぜいたくを

しているわけでもないのに

食費が上がっている…

 

そう感じているのなら

今一度自分の行動を振り返りましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

食費はちょっとしたことで上がっていく

私は食費はこう考えます。

  1. 食料品(野菜・肉魚・米など食材いろいろ)
  2. お菓子
  3. 飲み物
  4. 調味料
  5. 外食(市販のお弁当も含む)

 

毎月食費がどのくらいかかっているか

計算すると大体5万円前後です。

 

食費の予算を決めて

やってみえる方もいる中、

私はとくに予算を決めていません。

 

それでも計算すると

毎月5万円前後と

安定した数字が続いています。

 

ただし!

買い物へ行くときに

気をつけていることがあります。

 

 

 

安いからといってたくさん買わない。使いきれる量を買う。

お店のセールで

安いものを見つけると

テンション上がりますよね!

「あ!今買っておこう!!」って。

 

そういう時

あなたはいくつ買いますか?

私は多くても2つまで

と決めています。

 

理由は…

 

使い切りたいから。

 

使い切れずに

食材がいたんでしまっては

それはとてももったいないこと。

 

 

そして経験上

たくさんあると

だだくさに使いがちに

なります。

 

 

見切り品のコーナー、

いつものぞいています(笑)

見ると安くて思わず

いろいろ手に取りますが。

見切り品は当日に食べきれるものだけを

買うようにしています。

 

 

きゃべつや白菜は

2分の1カットや

4分の1カットを買い、

新鮮なうちに

使い切ります。

 

使い切れることが

食品ロスをなくします。

 

野菜をたくさんいただいた時は

おすそ分けしたり、

『〇〇〇(野菜の名前)大量消費レシピ』で検索。

おいしく消費できるレシピを

さがします。

 

 

 

自分に、家族に、ごほうびをあげすぎない

誕生日や記念日は

特別にふんぱつしてしまうことは

もちろんあります(笑)

 

ですがひんぱんに

「今日がんばった自分にごほうび♪」と

コンビニへ立ち寄って

スイーツを買ってみたり、

子どもにお菓子を

与えすぎると

お菓子代が上がっていきます。

 

ごほうびはたまにだから

うれしいんですよね(#^^#)

 

 

 

のどがかわくと、つい飲み物を買っていないか?

のどがかわいたから

自販機へ

コンビニへ

 

毎日立ち寄ると

ひと月で一人4500円になります。

(※毎日1本150円を30日の計算)

これが家族4人だと

18000円になります。

 

少額でも毎日つづくと

大きな額になるんですね。

 

出かけるときに

マイボトルにお茶やコーヒーを入れて

持っていくと買うことを防げます。

 

 

 

調味料は良いものを。目分量は場合によっては使いすぎのもとに。

調味料は良いものを使っています。

お値段もそれなりにします。

 

本物の調味料ひとつで

味がぐっと良くなります。

添加物の入っていない

昔ながらの本物の調味料を使っています。

家族にも好評です。

 

料理する時に気をつけていることは

調味料を使いすぎないこと。

 

基本、計量カップや

大さじ小さじを使います。

塩ひとつまみなどは指で。

 

目分量はメニューによっては

調味料の使いすぎの原因になります。

 

「あれ?味が決まらない…」

「砂糖を足そう」

「塩を足そう」

 

 

もし、調味料がなくなるのが早いなぁと感じたら

それは使いすぎかもしれません。

 

なくなったいうことは

それだけ塩分や糖分、油を

摂取していることになります。

 

 

 

疲れたからを理由に外食が増えていませんか?

以前は

「今日は疲れたから外へ食べに行こう」

となる外食がありました。

けれど、そういうことが

月に何回もあると

結構な金額になります。

 

回転ずしへ行くと

4人家族で

5000円は超えます。

 

安くて便利な

ファミレスやラーメン店でも

家族で行けば

3000~4000円はします。

 

お惣菜も便利ですが

家族分の量を買うと

いいお値段になりますよね。

2000円くらい。

 

それが週に2回あったら…

外食やお惣菜だけで

3~4万円になってしまいます。

 

わが家も外食はしますが…

それはお楽しみの外食です。

 

 

疲れているからラクしたいと

感じた時は…

 

 

疲れている日の

作りたくない気持ちは

分かります。

 

そういう日は

簡単なメニューを。

 

こういう時

家に置いてある

非常食が役に立ちます。

むしろ非常食を試す時なんです!

 

・レンジでチンするごはん

・レトルトカレー

・カップ麺

・冷凍食品(レンチンおかず、チャーハン、麺など)

・缶詰め(サバ缶、コーン缶など)

 

 

非常食は

日常で食べなれているものが

良いと聞きます。

 

「これ、非常食にいいかも♪」と

思ったら、

自分たちの口に合うのか

試す良い機会です。

 

 

 

食べることが好きだからカラダを大事にしたい。

食べることは生きること。

私は食べることが大好きです。

 

おうちごはんも

外食も好き。

 

日本人は飽食だと言われます。

食べすぎだと…

 

腹8分目が良いですけど

料理を作りすぎると

食べざるを得ないことも

ありますよね。

 

だったら

食べきれる量を買う。

作りすぎないようにする。

食べすぎないようにする。

 

食品ロスをなくすこと。

食べすぎないように

ほどほどにすること。

 

ちょっとしたことで

食費が上がるからこそ

自分自身の行動ひとつで

変われるはずです。

 

無理をしない程度に…

できることからはじめてみましょう。

 

 

 

スポンサーリンク


この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ