つらい四十肩に…。病院へ行かずに治したい!自宅でできるタオル1本でガンコな肩こりを治す健康法をやってみました。

肩こり・首こり持ちの管理人ほたるです。

普段は肩をもんだり薬を塗ったりして

少しでも痛みをやわらげようとやっていましたが

肩はどんどん重くなるばかり。

 

だいぶ負担がきてたんでしょうね。

ついに左肩が四十肩に…(泣)

ブラジャーホックがかけれません。

 

 

スポンサーリンク


 

 

病院へ行かずに治したい!慢性の痛みが3分で消える?自宅でできるタオル1本でガンコな肩こり・腰痛を治す健康法をやってみました。

ブラジャーホックがかけれない。

それは背中に手が回せないということ…

これがつらいんです。

痛みがはしります…

自分が年をとったなぁと感じるとともに

この先カラダが自由に動かせなくなるんじゃないかという不安も。

 

私はカラダが固く

とくにこれといってスポーツもしていないので

あきらかに運動不足です。。

 

それに加え、普段の姿勢は猫背になりがち。

鏡の前でシャンと背筋を伸ばしてみるものの

歩くといつのまにか猫背になっている。

いつも同じ肩にカバンをかけていました。

 

カラダに負担かける姿勢が

肩をどんどん痛ませて…

ついに悲鳴をあげたのだと反省しました。

 

整形外科や接骨院へ行くのも手です。

でも病院は混みます。

お金もかかるし、通うのは大変…

 

自宅で治す方法はないだろうか?

 

肩こりに効く本を探していて

こんな本をみつけました。

タオル1本でガンコな肩こり・腰痛を治す! (PHPビジュアル実用BOOKS)

中辻 正

 

【楽天市場はこちら】

【中古】タオル1本でガンコな肩こり・腰痛を治す! 「深層筋」逆ストレッチ健康法 /PHP研究所/中辻正 (単行本(ソフトカバー))

 

 

この本のすごいところは

「痛みの本当の原因は何であるのか」

を追求しているところ。

 

異常な状態の筋肉が痛みの原因であり、

骨盤や背骨の歪みの原因にもなり得ることを知った著者が

自分自身で行なうことのできる健康法を考案されたのです。

 

それが

 

逆スト(逆ストレッチ)+タオル圧迫法

 

この「逆スト+タオル圧迫法」は、自宅でできるのはもちろんのこと、痛みの部位を自分で認識でき、かつ自分の感覚を頼りに力を調整することで、それぞれの症状にあったきめ細やかな治療ができる、というメリットがあります。さらに自分では気づかなかった痛みを発見することもできます。

 

この意味が分かったのは

実際にやってみてからでした。

 

逆ストレッチは初めて聞く言葉でした。

よく言われるストレッチというのは

筋肉を伸ばすことを目的とします。

 

ですが逆ストレッチ(逆スト)は違います。

筋肉を縮めるのです。

縮めることで凝り固まった筋肉を緩めていくのです。

 

逆ストを行なうと

ストレッチでは届きにくい

深部の筋肉にダイレクトに届き

ほぐしてくれるのです。

 

そして、痛みが出現した場所を自分で見つけることができます。

痛みや違和感のある場所は

筋肉が硬くなっているところ。

 

逆ストで取れない痛みにはタオル圧迫法をすることで

筋肉をほぐして健康な状態になっていくというわけです。

 

 

実際にやってみてわかったこと。

私は寝る前に

「逆スト+タオル圧迫法」をやってみました。

本には肩こりケアが7つ載っています。

 

肩こりケアには

肩につながる7種類の筋肉の

「逆スト+タオル圧迫法」が

大きく写真付きで載っています。

 

「7つもやらないといけないのか…」

正直はじめはやるのが大変そうだと感じました。

 

7種類の筋肉というのは

①後頸筋

②胸鎖乳突筋

③僧帽筋

④外旋筋

⑤内旋筋

⑥大胸筋

⑦脊柱起立筋

です。

 

ジムに通っている人なら分かりそうですが

私は筋肉についての知識はさっぱりだったので

肩につながる筋肉がこんなにあることに驚きました。

 

1つずつやっていくと

「ここの筋肉は痛くないな」

とか

「うわっ!これめっちゃ痛いぃーー!!」

と、自分にとってどの場所の筋肉が痛いのか分かるんです。

 

逆ストをしてみて痛くない筋肉は

緩んでいるので心配ありません。

 

しかし逆ストで痛いと感じた場所は

タオル圧迫法をやっていきます。

タオルで圧迫している場所は

ジーンとして「痛気持ちいい」と感じます。

 

 

私が逆ストをしてめっちゃ痛かった筋肉は

僧帽筋

大胸筋

でした。

それはもう叫びました(笑)

 

痛みの場所が分かると

その原因場所をタオルを使って

ほぐすことができるので

しだいに痛みがとれて

筋肉を健康な状態に保つことができるそうです。

 

初めてやってみて

逆ストで自分の痛かった筋肉の場所が分かり、

タオル圧迫法で痛気持ちいと感じて

なかなか良かったです。

 

これは継続しなければと。

 

病院へ行かなくても

自宅で手軽にできるから

お金もかからないし

やってみる価値があったなぁと感じました。

 

私の四十肩が完全に治るには

まだまだ継続が必要ですが

肩こりや腰痛を解消して

老化も予防したいなと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク


この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ