インフルエンザに負けないカラダを作るために、暮らしの中で私がやっていること。

インフルエンザが流行っていますね。

子どもたちの学校も私の職場もインフルエンザで休む人が増えてきました。

 

私はこの時期になると、病気にかからないために暮らしの中でやっていることがあります。

 

 

スポンサーリンク


 

インフルエンザや風邪をひかないカラダをつくるために、暮らしの中でできることとは?

インフルエンザや風邪をひかないために

やっていることとして

手洗い・うがい・マスク・加湿

はよく聞くものです。

 

実はうちの子ども達は

ここ数年、小児科や内科へかかったことがありません。

インフルエンザのワクチンも接種していません。

(むしろワクチンは打たない方がいいです)

皆勤賞で学校に通っています。

 

 

冬の寒い朝みんなが起きたら

布団をたたみますが…その時!

 

寝室の窓を全開にするんです!!

 

ヒューーヒューー(寒)

それはそれは寒い風が部屋の中に

どんどん入ってきます(寒寒寒)

 

部屋の中の空気を入れ替え~♪

 

換気をするんです!

 

寒いとつい窓を開けたくない…

部屋の温度を下げたくないなぁと

温めることを考えて

換気しない人が結構多いんです。

 

でも!

この窓全開の換気がいいんです!

 

寝室の空気、リビングの空気。

寝ている間の呼吸した空気がたまっていたり、

昨晩食べた後のニオイが残っていたり。

空気がにごっている気がするんです。

 

窓を全開にすることで

部屋の空気が新しく変わっていくのがよく分かります。

部屋はそれから暖めればいいんです。

 

空気中のホコリやウイルスも

窓を1分開けるだけで外へ出ていきますよ。

 

 

もう一つ気を付けていることは

 

体温を上げること!!

 

これ、結構大事なんです。

 

あなたは自分の体温がどのくらいか知っていますか?

 

ちなみに私は36度8くらい。

昔は35度台で低体温だったので

今はだいぶ平熱体温が上がりました。

 

 

体温が36度5以上になるよう

カラダを温かくする食べ物や飲み物を

とっています。

 

体温が36度5未満に下がっていくと

免疫力が低下しているサインです。

 

わが家がカラダを温めるために

よく食べているのは根野菜!!

大根・ごぼう・にんじん・里芋などありますが

特に良いのが

レンコンです!!

 

レンコンをきんぴらにしてよく食べています。

ベテラン主婦に

「レンコン食べてると風邪ひかないよー」と

教えられたのですがホントその通り!!

 

レンコンパワーすごいですよー!

 

私はしょうがもよくとっています。

 

すりおろしてお料理に混ぜたり

手軽にできる飲み物を作っています。

 

しょうが&はちみつのホットドリンクが好きで

すりおろして作っては飲んでいます。

 

チューブのしょうがより

しょうがをおろし金ですりおろす方が

効く気がします。

はちみつは純粋のはちみつで。

本物のはちみつは

冬場は液状から固まっていることが多いですが

味は格別!!

混ぜ物が入っていないはちみつを選んでくださいね。

おろし金はティッシュ箱より

小さいのですが、使い勝手が良くて

気に入って使っています。

しょうがをおろし金ですりおろす

香りがとてもいい♪



【アマゾン】
ツボエ 銅 卸金 特5号 DO-050 BOL8304

【楽天市場】
純銅おろし金 特5合【RCP】

 

 

コップに

すりおろしたしょうがと

はちみつをお好みで入れて

お湯をそそぐだけ~♪

 

私のコップだと150ccのお湯が

入ります。

しょうがたっぷりの

ちょいと辛めが好みで

はちみつで甘さを加減して作っています。

 

香りもいいし、

カラダが温まる飲み物なので

おすすめです。

 

お風呂に浸かって温まり

お布団に入ってしっかり睡眠をとる!

 

平熱体温をしっかり上げて

病気にかからないカラダを作りたいですね。

 

 

スポンサーリンク


この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ