天然色素100%! 昔ながらのべにばなの口紅を使っています。


べにばなというと

食用油のイメージがあるのですが

昔から口紅としても使われてきました。

 

スポンサーリンク


 

べにばなの口紅は色が調整できるから便利!

私が使っている紅花の口紅は

『紅皿』とよばれています。

 

よくあるリップは

スティックタイプですが、

こちらは小さなお皿の口紅。

赤くないですよね。

そう、この紅皿は玉虫色をしています。

 

裏はこんな感じになっています。

この玉虫色の紅皿に

水を含んだリップブラシをつけると

淡いピンクから濃い赤まで

調整できるんです。

 

そのまま塗ると鮮やかな真紅に。

水を多く含むとピンクに

少ないと濃い赤へと変わります。

 

 

紅皿ひとつで色が調整できるので

今日の気分に合わせて色を変えて

楽しむことができます。

山形県にある

「紅花染新田」で作られた紅皿。

朝露の中で摘み取られる紅花を使っていて、

1年の中で最も寒い1月に、

ひとつひとつの工程を手作業で行っているそうです。

紅花染s新田②

大変な手間をかけられて作られた紅花の口紅。

 

紅皿の大きさは

直径6cm 深さ3cm

 

皿に塗られた紅花は1ミリ程と薄いのですが

水を含んだリップブラシを

ほんの少しつけるだけで色がつき、

発色が良いところや

のびが良いところ、

そして天然色素100%なので

安心して使うことができます。

 

 

この紅皿を使用して半年が経ちました。

半年経ってもあまり減っていません。

長持ちしそうです。

【レビューを書いて次回10%割引クーポンゲット】紅花染新田紅皿 サイズ:直径6cm、深さ3cm≪メール便不可≫

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ