1日2食生活をして3か月。思わぬ形でやめることになりました。

2月から友人のすすめで

1日2食生活をしていました。

やること3か月。

 

ですが、思わぬ形でやめることになりました。

 

 

1日2食生活のデメリット。まさかの健康診断でひっかかりました。

『空腹は最強のクスリ』

私は朝ごはんを抜いて16時間を空けるという

1日2食生活を送っていました。

 

*関連記事です

その不調は食べすぎ?! 1日2食生活はじめました。

 

 

はじめたきっかけは

食べすぎから疲れがとれなかったカラダ。

胃腸を休めるために行なっていました。

1日2食生活をして3か月。

カラダも軽く、調子も良かったのですが…。

 

その頃、健康診断があったので

行ってきました。

 

 

 

BMIでひっかかりました。。

健康診断で身長・体重を測るのですが

昨年の健康診断の時より

体重が3キロ減っていました。

 

実は、普段体重計を乗っていなかったので

これにはびっくりしました。

え?3キロも?

 

身長に対しての体重が少ないため

BMIの数値が17と低かったのです。

(*BMIの基準値は18.5~24.9)

 

 

つまり、やせすぎ…。

 

 

この体重の減り方から

医師に指摘を受けることに。

「1年前の健康診断の時と比べて

体重が3キロ減っていますが、

何か変わったことはありますか?」

 

 

思い当たる節は、

2月からはじめた1日2食生活。

そのことを伝えると、医師から厳しい指摘が。

 

 

「BMIの値が17はやせすぎています。

短期間で体重の減りが気になります。

1日2食ではいけません。

1日3食摂って体重を増やしてください。」

 

とのことでした。

 

これにはびっくり。

 

 

BMIの値でやせすぎ判定。体重を増やすために1日3食へ。

健康診断の結果により、

BMIの数値が低くてひっかかりましたが、

他にもひっかかったのが中性脂肪。

中性脂肪が少なくてひっかかってしまったのです。

 

中性脂肪の基準値は30~149

 

基準値より低いため、ひっかかりました。

もっと食べて脂肪をつけなくてはいけないと。

 

ダイエットするために1日2食生活をしていたわけではなかったのですが、

この健康診断をきっかけに1日3食へもどすことに。

 

やせすぎでは体に起こる症状が出てくるそうです。

 

このままではいけないなと…。

 

健康のためにも

バランスの良い体型を目指して

食生活を見直していきたいと思います。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ