【ミニマムな暮らし】フライパンを持っていない

焼く・炒めるといった料理法で使うものと言ったら

フライパンですよね。

でもわが家にはフライパンがありません。

スポンサーリンク


フライパンの代わりにつかっているものが

中華鍋です。

 

 

なかなか使える中華鍋!!

中華鍋は炒める専用道具だと思っていましたが…

これが、なかなか使えるんです!!

炒めるだけでなく、焼く・煮込む・揚げる・茹でる・炒るなど

いろんな使い方ができるんです。

さつまいもとごぼうのきんぴらを作っているところ

↑さつまいもとごぼうのきんぴらを作っているところです。

 

わが家のカレーは中華鍋で作っています。

中華鍋で作ると煮込みが早いんですよね。

あの丸い形が全体に熱をいきわたらせてくれているのですね。

 

揚げ物にも大活躍!

底が丸いおかげで、少しの油でも揚げ物を

カラッと揚げてくれることができるんです。

天ぷら鍋は使わなくなったので処分しました。

 

ほうれんそうや小松菜など葉物を茹でたいときにも

丸く広がった形の中華鍋なら葉物がしっかり浸かって茹でれる

寸胴鍋だと湯の量もそれなりにいり、お湯を沸かせるのに

時間がかかりますが、中華鍋は広口で熱伝導がいいので

お湯を沸かす時間も短くてすみます。

 

 

中華鍋のデメリット

オールマイティに使える中華鍋ですが

昔はその良さを知らず、キッチンにしまいっぱなしでした。

 

昔はなぜ使わなかったというと、

・中華鍋はフライパンより重たい!

・使った後のお手入れが手間だと感じた。

 

この2点でした。

そのため、昔はティファールのフライパンセットを使っていました。

軽いし、焦げ付きにくいし。

けれど、フッ素加工って使っているとだんだん取れていくんですよね。

すると、焦げ付いてきて使い物にならなくなる。

はがれたフッ素加工を口にするのはカラダによくないようですね…

 

私は自分自身が貧血気味なこともあって、

「鉄分をとりなさい」と言われていました。

そこでふと思ったんです。

 

中華鍋は鉄で出来ている!

「中華鍋で料理すれば自然と鉄分も少しはとれるんじゃない?」

と思ったことがきっかけで使うようになりました。

単純な発想です(笑)

 

中華鍋で茹でようと水を入れて火にかけるために

コンロへ運ぶのは確かに重いです。

最初のうちは重いなぁと感じていました。

けれど、取っ手と鍋を両手でちゃんと持てば大丈夫!

毎日使っていると気にならなくなる。

慣れてきたんでしょうね(^^♪

 

中華鍋は使った後、洗って拭いたらコンロで空焚きします。

火にかけて5分程。

先に中華鍋を洗って、コンロにかけているうちに

他の食器を洗っていると気づけば5分タイマーが鳴って。

あっという間にお手入れ完了です!

 

 

世界を旅する人の中には

調理なべは中華鍋一つだけ持っていく

というのを聞いたことがありますが、

調理なべが万能だからこそ、最小限でいいってことですよね。

それってまさにミニマムですね☆

スポンサーリンク


ページの先頭へ