この連休にやりたい。ととのえる家事【紙類の断捨離編】

平成は今日が最後の日になりました。

明日から令和がはじまります。

 

今日が月末ということもあり、明日から5月。

子どもがもらってくるおたよりや広告は

普段からたまりがちな紙類ですよね。

私はこうやって紙類を仕分けし処分しています。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

紙類の断捨離はこうしています。

紙類の中で多いのが

子どもがもらってくるおたよりやチラシ。

テスト・プリント。

毎日何か紙類をもらってきます。

 

主婦の代表的な紙類は買い物のレシート。

ダイレクトメールなど。

 

私はそれらをこう分けます。

①掲示する紙

②処分する紙

③必要かもしれないからとっておく紙

 

①の掲示する紙は

・学校の行事やお知らせが書いてある紙

・給食献立表

などです。

 

*掲示する紙です。

*カレンダーに書いてしまえばあとは必要ない紙は処分します。

*月末や期日が過ぎれば処分します。

 

 

②の処分する紙は

・自分にとって必要ないお知らせや広告の紙

 

*紙の裏が白いものはメモ用紙として使えます。A4サイズの紙を半分の半分(4分の1)の大きさに切ってクリップではさんでメモ帳にします。

*紙は資源ごみとして回収できるので出します。

 

③の必要かもしれないからとっておく紙は

・掲示するほどではないが、読み返す可能性がある紙

 

私はこれをとりあえず引き出しに入れておくのですが、次第にたまってきます。。

定期的に(私は月末に)引き出しから全部出して、いるかいらないか仕分けします。

 

 

読み返す紙はA4ファイルを活用していく。

読み返す紙は

・学校関係

・自治会関係

・子ども会関係

など、分類できます。

 

私はA4ファイルにそれぞれ分けています。

分類することで見たい時にすぐに取り出せるので便利です。

 

 

紙類の判断が早くなり、すっきりします。

子どものテストやプリントはたまりやすい紙類のひとつ。

間違いを直して復習出来たら処分します。

 

お買い物のレシートはその日のうちに財布から出します。

家計簿に記入。

すぐに記入できない時は、一時とっておきます。

記入したら処分。

 

ダイレクトメールは必要なければ、もう届かないように連絡します。

それがめんどうなら、読んだらすぐ処分します。

 

 

増えがちな紙類だから、必要なものだけ残す。

何度もやっているうちにペースをつかんで判断スピードが速くなってきますよ。

 

いっしょにがんばりましょうね。

 

 

 

 

スポンサーリンク



ページの先頭へ