今月からレジ袋が有料に。ビニール袋を減らす暮らしかたへ。

2020年7月から

レジ袋が有料になりました。

買い物へ行くときには

マイバッグが必要に。

 

ビニール袋は便利だけど

環境には良くない。

改めて考えさせられました。

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

買い物にはマイバッグを使うのに、暮らしではビニール袋を買って使っているという違和感。

レジ袋が有料になって

買い物へ行くにはマイバッグが

欠かせなくなりました。

 

私は買い物へ行くときには

マイバッグを常時かばんに入れています。

 

食料品はマイバスケットを。

買い物の際には

カートの上にお店のかごを、

カートの下にマイバスケットを。

 

レジの際に、マイバスケットを出すと

店員さんがそこへ食料品を入れて下さるので

便利です。

 

買い物へ行く時のレジ袋は

減らせているのですが…。

 

私は暮らしの中での

ビニール袋の利用に

違和感を覚えるようになりました。

 

 

 

生ごみ袋や料理の際にビニール袋を使っている。そして買っている現実。

レジ袋が有料化になったのは

・日本のプラスチックごみの量が多いこと

・プラスチックごみによって環境が汚染されていること

・廃棄物処理にかかるコストがかかること

などいろいろな問題が出ています。

 

 

*環境省・経済産業省

レジ袋チャレンジ

どうしてレジ袋を有料化するの?

 

 

では買い物以外ではどうでしょう?

 

暮らしの中で

ビニール袋を使う機会が多いのが

キッチンです。

 

私はキッチン袋を買ってきて

生ごみ袋にしたり、

料理の際にビニール袋の中で

肉に味付けしてもんだりして

使っています。

ビニール袋は洗わずに済むという

利点があるので

気に入っていたのですが…

 

結果として、

プラスチックごみを

増やしているんですよね。。

 

ジップロックなど

食材を保存するのに使っているのも

ありますよね。

 

ゴミ箱には

ビニール袋をかぶせて使っています。

 

ビニール袋は利用頻度が

本当に多いと感じました。

 

レジ袋は減らせたとしても

暮らしで使うビニール袋は

減らないんじゃないかと。

 

 

ビニール袋を使わずに

生ごみを捨てれないかな…。

 

調べていたら

新聞紙でごみ袋が作れることを

知ったので紹介します。

 

 

 

 

新聞紙で作るごみ袋

プラなし生活さんが載せている

新聞紙で作るごみ袋が良かったので

作ってみました!

 

約10cm×約10cm

新聞紙1枚でできている

しかくいごみ袋です。

 

上から見るとこんな感じ。

 

底は新聞紙が重なっているので

生ごみの水分を吸収してくれます。

 

 

右のように

使う前はコンパクトにたたんでしまえます。

ぺたんこです。

 

そして

一回り大きい

約15cm×約15cmは

こちらです!(下の写真右)

新聞紙2枚を重ねて

作りました。

先ほどの袋と並べてみました!

右の袋の方が大容量!

普段使うには

こちらの大きさの方が良さそうです!

 

*追記(7/12)

生ごみ袋として使う場合、袋の底に新聞紙を折りたたんだものを中敷きとして1枚入れておくと、水分を吸収してくれますよ。

 

 

*新聞紙で作るごみ袋の作り方はこちらから

プラなし生活

【大容量!】厚手で丈夫な大サイズの新聞紙ごみ袋の作り方

 

プラなし生活さん!

教えて下さりありがとうございます!!

 

ゴミ箱にかぶせる袋も

新聞紙で作れるそうです。

 

ビニール袋を少しずつ減らす暮らしを

やっていきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク


ページの先頭へ