空気をととのえる、換気扇のお掃除。

キッチンでお料理していると同時に活躍しているのが換気扇。
換気扇は使っていると油ヨゴレ、ホコリにまみれて汚れていきます。

汚れているのがわかっていても、なかなか掃除する気になれない。
そんなことありませんか?

スポンサーリンク


換気扇のお掃除って大掃除の時だけやる人も多いはず。
私もそのうちの一人でした。

 

ある日、夜中にのどが渇いてキッチンへ行くと…
換気扇にゴキブリが!!!!!(汚くてごめんなさい。。)

換気扇っていろんな食べ物のニオイを外へ換気してくれるわけですから、
そんなニオイにつられたのか、ゴキは来たのですね。。

 

定期的に掃除しよう!

そう思いました(苦笑)。

 

グリルと換気扇

炒め物、煮物、揚げ物、焼き魚…など
換気扇はいろんな料理のにおいを 外へ出してくれます。

そして、がんばって換気してくれる分 汚れていくんですよね。。

 

 

キッチンの換気扇をすっきりしよう!

わが家のキッチンの換気扇です。

掃除前の換気扇

白い金属板は気づいたら拭いているのですが
その奥はなかなかできない。。

炒め物や揚げ物は油を使います。
その油汚れが換気扇掃除のむずかしいところです。

 

水拭きしただけじゃ取れない…(泣)

 

 

私はキッチンの油汚れには
アルカリウォッシュに助けてもらいます。

アルカリウォッシュ
まずは白い金属板の奥を順番に外していきます。

中の金網

金網は3枚あります。
網目のところが油で汚れています。
3枚とも外します。

金網を外すと、その奥がドラムです。

金網の奥のドラム

このドラムは取り外すことができます。
ちょっと重いので気をつけて取り外します。

外したドラム

取り外せました!!

 

ここから、アルカリウォッシュ水を作ります。

換気扇を外す前に、やかんでお湯を作りました。
バケツに熱湯を入れ、熱すぎるので水を足しながら
お風呂の湯の温度くらいにして、
アルカリウォッシュを入れます。
アルカリウォッシュがとけたら
アルカリウォッシュ水の出来上がりです♪

 

このアルカリウォッシュ水に ドラムを浸すのです。
そうすると、30分くらいで 油が浮いてくるのです

バケツに浸したドラム

浸している間に取り外して空っぽになった 換気扇を拭いていきます。

その時に活躍するのが…
ウエスです。

ウエス

ウエスは、我が家では古くなった下着のシャツを
使いやすい大きさに切ってとってあります。

 

このウエスを先ほどドラムを浸した
温かいアルカリウォッシュ水に浸して
しみこませ、換気扇を拭いていきます。

 

 

換気扇の外側も内側もホコリや油汚れが!

外枠を拭いていきます。

換気扇の外枠を拭いているところ

外側は凹凸がないので拭きやすいです。

内側を拭いていきます。

換気扇の中枠を拭いているところ

内側は凹凸がある分、拭きにくいのですが
アルカリウォッシュ水の力で
ラクに汚れがとれてしまうのです。

 

これが汚れがとれたウエスです。

油汚れがとれたウエス

こんなに油汚れが!!

 

力を入れてこすらなくても
温かいアルカリウォッシュ水
しみこませたウエスで拭けば 簡単に油汚れがとれてしまうのです。

 

初めてアルカリウォッシュ水で拭いた時は
それはもうびっくり!!

 

ギトギトベタベタの換気扇内側が
あっという間に汚れがとれて うれしかったのを覚えています♪

 

油汚れがラクに落ちれば掃除も楽しくなりますね!

スポンサーリンク


ページの先頭へ